Amazonプライムビデオの徹底解説【使い方・見方】

どうも。本サイトの編集担当の者です。

ここでは、amazonプライムビデオの使い方や見方を徹底的に紹介していきます。

今回は、amazonプライムビデオの動画作品を見るための「見方」「買い方」「対応デバイス」などについて解説していきます。

また、プライムメンバーになると使う事が可能になるサービスの利点12種類の紹介も行っていきます。

Amazonプライムビデオの使い方・見方【買い方・対応デバイス】

まずは、amazonプライムビデオの動画作品を見るための「見方」「買い方」「対応デバイス」を紹介していきます。

対応デバイスは7つ【amazonプライムビデオ】

Amazonプライムビデオの動画を見る事ができるデバイスは次の7種類です。

  1. Blu-rayプレイヤー・Blu-rayレコーダー・テレビ
  2. ゲーム機(PS4など)
  3. Androidデバイス
  4. iOSデバイス
  5. Fireタブレット
  6. Fire TV Stick/Amazon Fire TV
  7. パソコン(サイト上でのストリーミング)

テレビ、FireHD、PS4、Androidデバイス、iPod touch、iPad、iPhone、パソコン等、色々な端末でamazonプライムビデオの動画作品を見ることが可能です。

amazonプライムビデオの作品の買い方は「購入」か「レンタル」

(図)

このように、amazonプライムビデオの作品は「購入」か「レンタル」で見ることが可能です。

お試しや新作を見たいのであれば「レンタル」、そしてずっと残しておきたい動画作品に関しては「購入」をすると良いと思います。

amazonプライムビデオの見方は「ダウンロード」か「ストリーミング」

(図)

amazonプライムメンバーの利点12個【amazonプライムビデオ】

Amazonプライムに登録【年間3900円】しておくと、amazonプライムビデオを楽しめるようになり、「プライム対象」の動画をいくらでも見られるようになります。

ただし、U-NEXTやHulu等の他の動画配信よりは見放題に動画作品の数でamazonプライムビデオは劣ります。

1日に2~3作品を見るような使い方をするのであればamazonプライムビデオは物足りないかもしれません。ですが、それほど多くは見ないというのであれば、amazonプライムビデオでも満足できると思います。

そして「amazonプライム」というサービスの一部として「amazonプライムビデオ」が存在するだけですから、amazonプライムには他の魅力も色々とあるのです。

ここでは、amazonプライムの利点を12個紹介していきます。

amazonプライムメンバーの利点12個【amazonプライムビデオ以外にも色々ある!】

(図)

amazonプライムビデオの使い方・見方【まとめ】

ここまで、amazonプライムビデオの使い方や見方を紹介してきました。

ポイントは「amazonプライムビデオは、amazonプライムの中の数あるサービスの中の1つでしかない」という事です。

年会費は3900円ですが、amazonプライムビデオ以外のメリットも非常に多いので、実は安いと思います。

Amazonプライムビデオだけに留まらず、amazonプライムの様々なサービスを活用してくださればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です